ようこそナシムホームページへ

最新の更新情報


第14回永井隆平和記念・長崎賞候補者を募集しています。

広島、長崎に人類史上初めて原子爆弾が投下され、今年は77年を迎えます。

この間、長崎では、原子爆弾による大惨禍を被った都市として、このような惨事が繰り返されることがないよう、平和な世界を希求するとともに、たゆまぬ努力を続けてきました。

しかしながら、世界では、チェルノブイリ原発事故や核実験場周辺地域の長年にわたる放射線被曝により多くの方々が被爆後障害に苦しんでいます。

 

このような状況の中で、長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM)は、在外被爆者及び世界各地で発生している放射線被曝事故による被災者の救済を目的として設立され、ヒバクシャ医療を通じた国際協力を行ってきました。

そして、長崎原子爆弾被爆50周年にあたる平成7年には、当協力会の事業の一環として、原子爆弾により重傷を負いながら被爆者の救護に挺身した永井隆博士の功績を称え、「永井隆平和記念・長崎賞」を創設しました。これは、永井博士の崇高な平和希求の精神を引き継ぎ、国際社会におけるヒバクシャ医療への貢献者を広く顕彰することにより、その継承者を育成し、将来に向けた原爆関連医療技術を継承することを目的とするものです。

本年は、第14回永井隆平和記念・長崎賞を授与することとし、その候補者を国内外の有識者の皆様からご推薦いただくことになりました。

 

つきましては、本賞の候補者としてふさわしい方を、掲載の推薦要領によりご推薦くださいますようお願いします。

→永井隆 平和記念・長崎賞

→歴代受賞者リスト

第13回永井隆平和記念・長崎賞 候補者推薦要領

1. 名称
永井隆平和記念・長崎賞
2. 主催
長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM)
3. 対象
原子爆弾による被爆者、放射線事故等による被曝者の治療及び調査・研究等の分野においてヒバクシャ医療の向上・発展、ヒバクシャの福祉の向上を通じて世界平和に貢献し、将来にわたり活躍が期待される国内外の個人または団体に授与します。
4. 受賞者の選考
長崎・ヒバクシャ医療国際協力会が依頼した国内外の学者、有識者等の個人、並びに 関係在日大使館、大学、調査・研究機関、関係学会、自治体等の団体からご推薦をいただいた候補者の中から、学識経験者で構成する「永井隆平和記念・長崎賞選考委員会」において選考し、関係各界の有識者で構成する「永井隆平和記念・長崎賞委員会」において決定します。
5. 推薦件数
推薦者の推薦件数は、1件とします。
6. 自薦/他薦の別
本賞は、自薦/他薦の別は問いません。
7. 推薦方法及び推薦書送付先
推薦書に記入する言語は、日本語又は英語のみとします。
下記ファイルをダウンロードして必要事項をご記入の上、ご送付下さい。
(推薦書送付先)
長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM)事務局
〒850-8570 長崎市尾上町3-1(長崎県原爆被爆者援護課内)
TEL(095)895-2475  FAX(095)895-2578
8. 推薦締切日
令和4年8月31日(水)(必着でお願いします)
9. 授賞件数、内容
授賞件数は、原則1 件です。
正賞として賞状・賞牌を、副賞として賞金100万円を授与します。
10. 授賞者の発表
令和4年11月下旬(予定)
11. 授賞式
令和5年2月(予定)
会場 長崎市内
※受賞者は授賞式に必ず出席していただきます。


ヒバクシャ医療e-ラーニング研修動画公開

長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(ナシム)は、例年、チェルノブイリ関連諸国・カザフスタン及び韓国から研修生を招聘し、被ばく医療研修を行っておりますが、コロナ禍で研修生の受け入れが難しいことから、今年度はロシア語、韓国語によるオンデマンドでのe-ラーニング研修を令和4年2月1日から1か月間開催しました。

この研修講義の音声とテキストは英語ですが、画面上の説明テロップは、ロシア語又は韓国語の選択ができます。以下のリンクよりご視聴ください。


Nagasaki Association for Hibakushas’ Medical Care (NASHIM) invites trainees from Chernobyl-related countries, Kazakhstan, and South Korea every year to conduct radiation medical training, but it is difficult to accept trainees due to COVID-19. This year, we held on-demand e-learning training in Russian and Korean, from February 1 to February 28, 2022.

The audio and text of this training lecture is in English, but you can choose Russian or Korean for the explanation subtitles on the screen. Please click on the link below to watch the lecture.


機関誌ナシム第48号を掲載しました



その他の更新情報

書籍「Atlas of Uterine Cervical Cytology 子宮頚部細胞診と自己診断 図録」を発刊いたしました

書籍「Atlas of Uterine Cervical Cytology 子宮頚部細胞診と自己診断 図録」を発刊いたしました。PDFファイルをご用意しておりますのでご活用いただければと思います。

書籍「漫画で学ぶ長崎原爆」を発刊いたしました

書籍「漫画で学ぶ長崎原爆」を発刊いたしました。PDFファイルをご用意しておりますので「平和学習」などにご活用いただければと思います。

出前講座の開催について

出前講座の開催をご希望される各小中学校様のために、ご案内と申し込み様式をご用意いたしました。出前講座のページよりご利用ください。