永井隆 平和記念・長崎賞 歴代受賞者

第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回第11回

第2回永井隆平和記念・長崎賞 受賞者プロフィール

サイム・バルムハノフ

【主な経歴】

1922年9月20日 カザフスタン共和国にて生まれる。
1943年7月 国立カザフスタン医科大学卒業
1954年~60年 アルマトイ医科大学放射線医学教授
1957年~62年 アチャバロフ教授らとセミパラチンスクにおいて住民の核実験による影響を調査、「中部カザフスタンにおける環境放射能と住民及び家畜の健康状態」を報告
1962年~68年 カザフスタン共和国放射線腫瘍医学研究所副所長
1969年~現在 同所長
1989年~現在
セメイ・ネバダ反核運動に参加
1996年~現在 カザフスタン共和国医学アカデミー名誉所長

【受 賞】

1997年9月 カザフスタン共和国保健省及び科学技術省よりカザフスタン共和国功労賞受賞

【主な活動歴】

1957年から59年にかけて、旧ソ連軍事体制下でのセミパラチンスク核実験被害を、初めて明らかにした中心人物である。
長崎・ヒバクシャ医療国際協力会(NASHIM)や長崎大学医学部と関係も深く、NASHIMで出版された「中部カザフスタンにおける環境放射能と住民及び家畜の健康状態」は、初の邦訳本で広くセミパラチンスク問題を史実に忠実に啓蒙する最良の出版物となっている。
また、1993年8月、NHKが、特別報道番組としてセミパラチンスク核問題を取り上げた際にも、最も良心的な医師として同氏が紹介されている。